UNIQLO HEATTECK

10万人応援プロジェクト

ユニクロの「ヒートテック」は、寒さから体を守る機能性インナーウェア。
発売から10年で、累計売上は3億枚。日本では、誰もが知っている冬の定番商品です。

今回、ブランドとして成長の過渡期に差し掛かっていたヒートテックを「冬に頑張る人を応援するインナー」である、というイメージをさらに浸透させることを目的として 日本全国から応募を募り、合計10万人全員に無料でヒートテックを配布。

農家、漁師、建設作業員、郵便配達員、水族館や動物園の飼育員、酒蔵の蔵人、看護師、旅館の女将、警備員、主婦、学生など、彼らの冬の日々の暮らしを、私たちはヒートテックを通じて応援しました。

さらに、応募者の中から寒さが厳しいところで働く6つの団体、

日本一寒い町の住人、
雪山の上にある牧場の酪農家、
冷蔵庫のような酒蔵で日本酒造りに励む蔵人、
屋外に水槽がある水族館の飼育員、
寒さが厳しい冬も手づくりにこだわる豆腐職人、
海風が容赦なく吹き込む室内で作業する造船技術者…。

彼らに協力していただき、ヒートテックを着用し、生活したり、仕事をしている姿を1ヶ月間、タイムスライスカメラで収録。
ウェブ上にライブラリを制作しました。

タイムスライスカメラはスマートフォンアプリとして制作。
-20℃を超える寒さでも動作するよう耐寒ボックスも作成し、2分置きに サーバーに画像を蓄積していきました。

息も凍るような寒さの中で頑張る生の姿をタイムスライス映像で流し続けることで、彼ら自身がヒートテックの「広告」になる。
また、twitterやFacebookでメッセージを募り、彼らに応援の声を届けるという仕組みもつくりました。


Launch

2013/01/17

Category

Web

Client

UNIQLO

Awards

Spikes Asia: 2013 Digital Bronze

Credit

Agency: Dentsu, Dentsu Tec

Production: The Strippers

Director: Hisayoshi Tohsaki

Art Director: Yoshifumi Nakagawa

System Programmer: Tomohiro Otsuka

Flash Programmer: Taichi Tsumori, Hidemasa Mori, Hisayoshi Tohsaki

Designer: Yoshifumi Nakagawa

Production Manager: Genichirou Miyata

Music: Takuya Takahashi